新★黒柴ひつじの随筆

黒柴ひつじの日々精進

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

トゥルー・クライム

33_466881.jpg
1999年製作


地元の新聞記者エベレットは服役中の死刑囚に死刑執行前の最後のインタビュー取材を行うことになる。自分の“カン”を何よりも信じるエベレットは彼が無実であることを確信、ひとり事件の洗い直しを始めるが、死刑執行まで残された時間は既に12時間を切っていた…



死刑執行まで12時間…となんともありがちな展開のサスペンスかと思いきや
そこはイーストウッドに掛かると、なんとも奥深い人間ドラマになってしまうのが不思議です。

相変わらず人物像の描き方は秀逸なんですが、イーストウッドの年齢設定が微妙
初老にも関わらず、子供が幼稚園くらいとムチャクチャ感があります。嫁も娘にしか見えません

展開はなんとなく読めるのは残念ですが、最後まで飽きずに見ることができました。
社内で対立する記者との皮肉やジョークを交えたセリフや、女性を口説きまくるイーストウッドおじいちゃんがカッコ良いですね

★★★☆
スポンサーサイト

| 映画 | 16:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

これは見ましたねー。
確かに奥さんとは思えない設定でしたね。
冤罪を証明するために一人戦う姿がよかったです!

| ハコウ | 2012/01/19 21:19 | URL |

>ハコウさん
設定にはチョット無理がありましたね…
でも一般受けする良い内容でした。

| DAN | 2012/01/20 22:59 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://9648blog.blog116.fc2.com/tb.php/948-3cee0e5d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT