新★黒柴ひつじの随筆

黒柴ひつじの日々精進

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ガントレット

33_466593.jpg
1977年製作

組織がらみの重要事件の証人を、ラスベガスからフェニックスまで護送する任務を受けたしがない刑事ベン・ショックリー。だがベガスで彼を待っていたのは、若く美しい娼婦マリーだった。組織に命を狙われているため無事にフェニックスに辿り着く事はできないと言うマリーの言葉にショックリーは耳を傾けないが、二人の行く先々でトラブルが続出する…





クリント・イーストウッド監督作品

オープニングから『ダーティハリー』を思わせる様な空撮
そしてこの映画を語る上で外せない4万5000発の銃弾。ほんと、ありえないくらい打ちまくられるんです。
突っ込み所満載な展開はイーストウッドらしくないですが、まあこんな作品があっても良いのではないでしょうか

そしてこの頃のイーストウッド作品に外せないソンドラ・ロック
イーストウッドの愛人だったんですが、透き通る様なブロンド美人なんです。
『アウトロー』なんか綺麗すぎる

そんな二人がメチャクチャに繰り広げるロードムービーなんですが、結末のあっけなさと言ったら…
どうやってこの展開を纏めるんだろ?と思ってたら、あっさり黒幕を射殺。

数百人の警官の目の前で、犯罪者が警察長官を射殺して終了
しかもそのまま二人で立ち去るという暴挙…

まあイーストウッドがかっこいいし、ソンドラ綺麗過ぎるから許す。

★★★
スポンサーサイト

| 映画 | 22:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://9648blog.blog116.fc2.com/tb.php/905-2bf3bba3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT