FC2ブログ

★黒柴ひつじの新生活

黒柴ひつじの日々精進

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

男たちの挽歌

80~90年に香港で作成された男汁満載の映画を『香港ノワール』と表現されます。
日本で言ったら『仁義なき~』シリーズみたいなもんでしょうか


高校生の頃から香港ノワールを見出して、今だに見てるんですが
その代表作がコレ


『男たちの挽歌』
21FK9_20110707150326.jpg
1986年製作
偽札製造を行う組織の元幹部の兄ロンと、香港警察の刑事となった弟チャン。そして兄の親友であり兄弟分であるユンファ。物語は偽札製造組織の陰謀を軸としながら、彼ら3人の兄弟愛と友情を、ド肝抜くガン・アクションに託して見せる。


この映画を見ないと香港ノワールを語れません。文句なしの傑作
ハリウッド進出前のジョン・ウー監督が火薬を使いまくった爆破と銃撃シーンや、名物の2丁拳銃も全てココから

極道の兄とそれを追う警察官の弟、何とドラマチックなストーリーなんでしょうか
チョウ・ユンファのかっこ良さが半端ないです。
もちろんティ・ロンやレスリー・チャンも素晴らしく、男汁満載

★★★★☆






『男たちの挽歌2』
51+S7Fg.jpg
1987年製作
刑事である弟チェンに頼まれ、偽札製造組織の摘発に協力するロン。重要証人セキをニューヨークに避難させるものの、組織の追撃はゆるまない。だが、摩天楼立ち並ぶ彼の地には前作で命を落としたマークの双子の弟がいた!


双子の弟とは無茶苦茶な展開ですが、数多くある挽歌シリーズで純粋な続編になります。
前作を凌ぐ火薬の量でやっぱり半端ないです

前作を越えるのは難しいかもしれませんが、それはアクションシーンでカバー
相変わらずのドラマチックな展開で、胸が熱くなります。

★★★★





『狼/男たちの挽歌・最終章』
51fONvfqckL.jpg
1989年製作
引退を決意していた殺し屋ジェフリーは、クラブ歌手ジェニーを銃撃戦に巻き込んで失明させてしまった。彼はその償いのために最後の仕事を引き受けるが…


本編の『男たちの挽歌』シリーズとは関係ありませんが、最高傑作と評されるほど素晴らしい内容です。
2丁拳銃はもちろん、名物の廊下での銃撃シーンや教会と鳩の組み合わせはジョン・ウーならでは

男の友情と愛情、ラストの銃撃シーンはまさに圧倒的
ストーリーも秀逸なので、ホントおすすめです。

★★★★★

スポンサーサイト



| 映画 | 15:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://9648blog.blog116.fc2.com/tb.php/806-749aa684

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT