FC2ブログ

★黒柴ひつじの新生活

黒柴ひつじの日々精進

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

マチェーテ

20101014003fl00003viewrsz150x.jpg

クエンティン・タランティーノとロバート・ロドリゲスによる『グラインドハウス』内で流れた偽の予告編を基に、ロドリゲスが長編映画として製作したエロとバイオレンス満載のB級アクション。ナイフの使い手、マチェーテが元メキシコ連邦捜査官の職と妻子を失い、アメリカで陰謀に巻き込まれ、宿敵と相まみえる激闘を描く。


60年代のB級アクション映画を総称したグラインドハウスシリーズの『プラネット・テラー in グラインドハウス』、『デス・プルーフ in グラインドハウス』で予告編だけ作られた作品がコレ

実際に映画化されない予告だけだったハズなのに、予告編の面白さになんと映画化されました。

監督はロバート・ロドリゲス
そう、あのロドリゲスです。

まず、この映画はバカ映画です。真面目に見る映画では全くありませんので注意!
タランティーノの『キル・ビル』以上のバカさっぷりが最高に面白いですよ。

ちなみにR-18なので、残酷シーンとお色気シーン満載
ビックリするくらいの悪人顔のダニー・トレホに焦点を当て、悪者をこれぞとばかりにブッタ斬る

悪役にはロバート・デ・ニーロ、スティーヴン・セガール、ドン・ジョンソン
ヒロインにはジェシカ・アルバ、麻薬漬けの娘役には地でいくリンジー・ローハン(よく出演したな…)

これだけで面白く無い訳がない!
でも好き嫌いが分かれる映画でしょうね、なんせギターに仕込んだマシンガンや義足に仕込んだマシンガンなんかでゾンビ共をバシバシ打ちまくるロドリゲスが作ったんですから…

最初から最後までムチャクチャな映画、良く全国ロードショーになったなぁ…と思います。


★★★★☆
スポンサーサイト



| 映画 | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://9648blog.blog116.fc2.com/tb.php/655-86ae8731

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT