新★黒柴ひつじの随筆

黒柴ひつじの日々精進

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

硫黄島からの手紙

20061101002f.jpg

クリント・イーストウッドが監督して話題になりました。
非常に素晴らしい作品です

渡辺謙演じる栗林中将が際立って素晴らしい
アメリカでも名将と称されている中将なのですが、史実に基づいて描かれています。

二宮和也演じる西郷は斜に構えた考え方でなかなか良い演出なのですが、逆にそれが緊迫感を無くしてしまってる印象になって残念。

当時硫黄島での戦闘は非常に激しいもので、日本側・アメリカ側両方ともに甚大な被害を出しました。
特にアメリカ側はD-day以上の犠牲者を出した激戦区

当時の日本軍の考え方や戦い方、栗林中将の人柄など非常に良く分かります。
硫黄島が陥落し、東京大空襲、沖縄上陸と繋がる重要なターニングポイントです。

『父親たちの星条旗』とセットで見て初めてその全貌が分かります。

★★★★☆
スポンサーサイト

| 映画 | 15:22 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://9648blog.blog116.fc2.com/tb.php/439-28591e8d

TRACKBACK

二宮和也 マジック

メンバーが証言「赤西仁は女性なら誰でもいけるアメリカン」!? ‎2009年12月18日‎ 過去には嵐・二宮和也が「浮気されても平気。近いところで浮気されたことがあったけど、大丈夫だった」などの仰天告白をして話題を呼んだこともあった。自由奔

| ブログ縦断!ニュース速報 | 2009/12/25 08:38 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT