新★黒柴ひつじの随筆

黒柴ひつじの日々精進

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ジョン・ウィック   ※ネタバレあり

image.jpeg
2014年製作

伝説的な暗殺者として裏社会にその名をとどろかせるも、殺しの仕事から手を引いたジョン・ウィック(キアヌ・リーヴス)。暴力から遠く慣れた毎日に安らぎを覚えていた彼だったが、それをロシアン・マフィアによって奪われる。怒りと憎しみに支配された彼は、封印していた殺しのスキルをよみがえらせ、ロシアン・マフィアへのリベンジを果たすことを決意し……。


約2年ぶりに映画館で新作見ました。
ガンアクションとカンフーを組み合わせた『ガンフー』が話題ですが、正直物足りません。

アクションのスピード感はあるんですが、ガンアクションは『男たちの挽歌』
カンフー(?)は『トランスポーター』が明らかに上

復讐に燃える主人公が、悪者マフィアをバッタバッタと倒していくのは気持ちが良い
作りこまれた様で、以外にも浅い内容なのが残念ですが、共演のウィレム・デフォーがやっぱり凄い。

エピソードゼロなどや他キャラクターの派生続編が展開して行きやすそうな映画ですね
つか、ホテルでの掟やら暗殺者時代の情報があまりに少なくて勿体無い。

ラスボスも何故か肉弾戦になるありがちな展開で、正直ゲンナリ
ラストも違う犬を…って、ある意味驚愕のラスト

まぁ、スピード感もあってスカッとする内容なので楽しめます。

『コンスタンティン』もそうですが、キアヌのこんな映画は結構好きです

★★★

福岡キャナルシティの映画館にてIMAXで初めてみましたが、画像は素晴らしく綺麗
でも10分くらいで見慣れてしまうので、正直通常のデジタルでも良かったな…
2000円もしたし

スポンサーサイト

| 映画 | 00:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://9648blog.blog116.fc2.com/tb.php/1470-3368de7f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT