新★黒柴ひつじの随筆

黒柴ひつじの日々精進

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ミレニアム2 火と戯れる女

1_20140319000153250.jpg
2009年、130分


少女失踪(しっそう)事件解決から1年後、社会派雑誌「ミレニアム」で少女売春組織に迫った特集の準備を進めていた担当ジャーナリストが殺害される。現場にリスベット(ノオミ・ラパス)の指紋のついた銃が残されていたことから、彼女は容疑者として指名手配されてしまう。リスベットの無実を信じるミカエル(ミカエル・ニクヴィスト)は、独自に調査を進めていくが…



オリジナルスウェーデン版『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』に続く第2作目

1作目と比べるとサスペンス色も薄く、焦点はリスベットの過去が明らかに…といった感じ
登場人物も多く、新たな組織が出てきたりとチョット分かり難い部分もあります。

ラストは血みどろの戦いで、結構凄惨なシーンもあったりと
なかなかハードな感じで3作目へ…といった感じです。

良作だった1作目と比べるとチョット劣った印象ですが、3作目へ繋がる重要な今作
2作目から見てもさっぱり分からないので、興味がある方は1作目からどうぞ

★★★



スポンサーサイト

| 映画 | 00:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://9648blog.blog116.fc2.com/tb.php/1307-8cf3c315

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT