新★黒柴ひつじの随筆

黒柴ひつじの日々精進

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女

20091005007fl00007viewrsz150x.jpg
2009年、153分

ジャーナリストのミカエル(ミカエル・ニクヴィスト)は、ある大物実業家の違法行為を暴露し、名誉棄損で有罪になる。そんな彼に目をつけた大企業の前会長が、40年前に失踪(しっそう)した自分の血縁にあたる少女についての調査を彼に依頼する。ミカエルは天才ハッカーでもある調査員リスベット(ノオミ・ラパス)と協力して、未解決事件の真相に迫る。


先に紹介した『ドラゴン・タトゥーの女』のオリジナルとなるスウェーデン映画です。
この映画よりも先にハリウッド版を見たんで、その比較となります

ストーリーの秀逸さ、見やすさ、分かりやすさなど完全にこのオリジナル版が素晴らしく
リスベットの雰囲気もオリジナルの方が人間味があって魅力的です。
ハリウッド版も素晴らしいのですが、マシーンに見えるのとラストに無理くり人間味出した印象があったので…

やはり派手さはないオリジナルですが、より原作に近いんではないでしょうか?
原作は見てませんがw

ハリウッド版で気になった天才ハッカーなどの説明もしっかりされており、より繊細に製作されてる気がします。

★★★★☆


スポンサーサイト

| 映画 | 22:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://9648blog.blog116.fc2.com/tb.php/1253-a36ccd49

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT