新★黒柴ひつじの随筆

黒柴ひつじの日々精進

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ファイヤーフォックス

515PSRM.jpg
1982年制作

レーダーには機影を残さずマッハ6で飛び、思考誘導装置によって兵器を放てるソ連最新鋭戦闘機、コードネーム・ファイヤーフォックス。その戦闘機の奪取を命じられたパイロットの死闘を描いたC・トーマスの原作を、イーストウッドが製作・監督・主演で作り上げたサスペンス大作。



アメリカとソ連の冷戦中に制作された映画です
良くこんな映画作れたな、、、と感心します。いや冷戦だから作れたのか?

しかも敵国の戦闘機を盗むって…、無茶苦茶な設定ですが
イーストウッドならアリと思えるのが何故か不思議です。

前半はソ連内部に侵入する戦略モノ
後半は高速ドッグファイトを繰り広げるアクションと、なんとも盛りだくさんな設定

ただ、敵制服を着て正面ゲートから堂々と難なく入っていくのは、さすがにねぇ…
しかもベトナム戦争のトラウマがあると言う良く分からない設定。

設定は面白いですが、強引なシーンが沢山あるのでイマイチ入り込めませんでした。
純粋なエンターテイメントとしては十分面白いと思います。
昔は良くTVでやってたんですが、最近は放送されないのが残念です

★★★




スポンサーサイト

| 映画 | 19:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://9648blog.blog116.fc2.com/tb.php/1090-ea477456

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT