新★黒柴ひつじの随筆

黒柴ひつじの日々精進

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ブレードランナー ファイナル・カット

20071029014fl.jpg

放射能で汚染された2019年のロサンゼルスで、高度な知能と強靭な肉体を持った、人間とほぼ同じ外見をしているアンドロイド“レプリカント”が、人間を殺害して逃亡を図った。そのレプリカントの解体処分が決定され、レプリカント抹殺専門の賞金稼ぎであるデッカード(ハリソン・フォード)が、単独で追跡調査を開始するが…




最初の公開は1982年の映画です。
個人的に大好きな映画で、監督のリドリー・スコットも大好きな監督さん

これまで、再編集した沢山のバージョンが公開されており
今作は2007年に公開されたバージョン

まずデジタル処理技術が格段に進歩してます。
前に見たのがVHS、今作はブルーレイなのでその差は歴然
タイレル社の外観や、街の空撮など見事なほどのクリアさに驚きました。

ストーリーに変更は無いのですが、いつ見ても面白い映画ですね
ルドガー・ハウアー演じるロイ・バティーも素晴らしく、悪役なのか?と最後まで考えてしまうくらいの悲哀さ

それに『スプラッシュ』『キル・ビル』のダリル・ハンナや、ショーン・ヤングも見事なんです。

当時はB級と言われてた様ですが、今尚語り継がれる名作です。
あっ、ハリソン・フォードもモチロン素晴らしいですよ。完全にルドガー・ハウアーに喰われてますが…


★★★★☆








有名すぎるテーマ曲も秀逸です。
スポンサーサイト

| 映画 | 11:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://9648blog.blog116.fc2.com/tb.php/1055-308271a4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT