FC2ブログ

★黒柴ひつじの新生活

黒柴ひつじの日々精進

≫ EDIT

季節は秋へ

早いもので、季節は秋になってしまいました。

ブログ更新も滞ってますが、時の流れがものすごく速く感じます。
高森町周辺は稲刈りも進み、ススキも増えてきました。

DSC_4509.jpg
立野ダムの工事も進んでいます。


DSC_4515.jpg
稲刈りも進んで、黄金色の稲穂も少なくなってきました。


DSC_4516.jpg
夕焼けに染まる噴煙も綺麗です


DSC_4519.jpg
噴火活動も継続し、噴煙が南側へも流れてくる季節になりました。


綺麗な写真で枯渇したネタを補おうとしてるのは内緒






DSC_1408.jpg
バレバレじゃけえ

じゃあの
スポンサーサイト



| スポーツスター | 10:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バイクで雲海を見に行くの巻

2019年9月10日(火) 営業前に雲海を見に行ってきました。
この日の前日も雲海が出たとの情報があり、当日も良さそうな条件でしたので5時30分に起床しハーレーさんで出発

まずは箱石峠

DSC_4287.jpg
おお…素晴らしい

DSC_4284.jpg DSC_4285.jpg DSC_4288.jpg

雲海の先は大観峰です、この感じなら最高の雲海が大観峰から見れそう。


DSC_4298.jpg
最高の雲海です

DSC_4300.jpg DSC_4294.jpg DSC_4299.jpg DSC_4301.jpg
凄い景色…
廻りには雲海を見にこられた方が沢山
皆さんベストポイントを譲り合って写真に収められてました。

DSC_4295.jpg
ハーレーさんと雲海

時間を忘れる程の景色…
開店準備のため帰路へつきますが、この感じなら阿蘇登山道も絶景のはず


DSC_4311.jpg
登山道も絶景でした…

DSC_4304.jpg
途中、牛の神様(の様なもの)が居ました。


DSC_4309.jpg DSC_4318.jpg DSC_4314.jpg



DSC_4316.jpg
草千里からの火口は未だ噴煙が上がっています。
雲海と噴煙、阿蘇の雄大さを感じる瞬間です。

これから雲海シーズンです。
他にも沢山綺麗なトコいっぱいです、ぜひこの秋は阿蘇へどうぞ


| スポーツスター | 12:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

色んなバイク

最近は色んなバイクの方に来店いただいています。



DSC_3946.jpg
旧車は良く分かりませんが、ピカピカのカワサキ


DSC_3968.jpg
これまた旧車のホンダVF1000R
カウル内の作り込みが半端ないです。


DSC_4072.jpg
極めつけはヤマナのナイケン

前から見ると圧倒的にデカし異様な光景、後ろから見ると普通のバイク
乗り味は安定してて、通常の2輪感覚で乗れるらしい




こんな感じで色んな所から来て頂いています。
色んなバイクを見れるのですごく楽しいです、晴れた日は是非バイクでおいでください
もちろん車での来店も大歓迎です





DSC_0825.jpg
ぜひおいでください

じゃあの

| バイク日常 | 08:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

阿蘇山

現在の阿蘇山の状況ですが、2月頃(だったかな?)よりレベル2となり、火口周辺への規制が掛かり阿蘇山山頂(火口が見えるトコまで)まで行けません。
尚、ロープウェイ乗り場があった場所までは行くことができますので、安心して草千里なども楽しんでください。

先日久しぶりに小規模の噴火がありました。現在も小さな噴火が続いています
風向きによって降灰もありますので、阿蘇へこられる際は風向きなどのチェックした方が良いかと思います。

DSC_4095.jpg
写真が90°ズレてて申し訳ありません、8月4日夕方の状況

DSC_4097.jpg
8月5日朝
4日夜の1500mまで噴煙が上がるチョット大きめの噴火があった様で、朝から西側の熊本市内へ向けて噴煙が続いています。


阿蘇は噴火していますが、地元は通常営業。特に影響はありません
普通に阿蘇は楽しめますのでぜひどうぞ。

念のためにマスクを準備した方が良いかもしれません

| 日記 | 09:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

天井補修

先日、洗車時にふと愛車を見ると天井に塗装の浮きを発見

DSC_3984.jpg
サビで塗装が浮いています。直径20~30mmの範囲です

このままではサビが広がるので補修を行います。

DSC_3986.jpg
サビの部分をサンドペーパーで地肌が出るまでゴシゴシ

地がでたら『サビチェンジャー』を塗るだけ。
このサビチェンジャー、通常の赤サビを黒サビへ化学変化させてそれ以上のサビ進行を止めるもの(…だったかな?)
バイクのフレームなどのサビ部分はいつもコレで補修してます。

DSC_3989.jpg
サビチェンジャーが乾いたらタッチペンで塗装します。
天井ですし見えない部分なので、適当に厚めに塗りました。

これで完了です。
軽いサビ程度なら、この方法で殆ど対処できると思います
但し、サスペンションのシリンダー部などの摺動部はシールを痛めるのでダメですよ。







DSC_0868.jpg
ダメ、ゼッタイ

じゃあの

| 日記 | 15:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT